ホーム > 自分で申請する > 画像で見るESTAの登録方法(免責事項への同意画面)

免責事項についての説明と、これに同意することをクリックにより宣言します。

こちらに書いてあることは、仮にESTAが許可されたとしても入国が約束されたということではないこと、ESTAが拒否されたとしてもビザを申請すれば渡米が可能であること、真実且つ正確な情報を提供し、虚偽があった場合には行政処分や刑事処分を受ける可能性があることなどが書かれています。

良く読まずに申請し、誤った情報を提供してトラブルになることがないように注意が必要です。

 
<<< 1つ前に戻る  |  ステップ3へ進む >>>


米国渡航認証ESTAの情報提供、相談、申請代行などのご案内。その他、渡航認証が拒否された際の対応方法、ビザ申請が必要になった際の申請代行などもお手伝いしています。