このサイトでは、アメリカへ旅行する方々の一人一人が米国電子渡航認証システムESTA(エスタ)を正しく理解して頂くことを願い、情報提供・無料相談・代行申請などを目的として運営しています。

現在、米国ESTA申請には『米国国務省の公式サイト』にてパソコンによるオンライン申請及びクレジットカード決済が求められています。そのためパソコンをお持ちで無いお客様、クレジットカード決済を望まれないお客様などに代わり当社では米国政府運営のESTA公式サイトへの代行申請サービスを低価格にてご提供しています。また渡航認証拒否された、カード決済がうまく出来ない等のトラブル時の対応についても専任スタッフがご相談をお受けしています。

2009年より米国政府はセキュリティ強化(Immigration Control)を目的とし、アメリカへ入国しようとする全ての旅行者に対して入国前にパスポート情報のオンライン登録を義務付けました。これにより米国へ入国する危険人物を排除することが出来るようになりました。これが電子渡航認証システム、通称『ESTA/エスタ』です。ESTAは英語の正式名称Electronic System for Travel Authorizationの頭文字4つをつなぎあわせた言葉になります。

ESTA登録が必要なケースは・・・
アメリカへの入国目的が短期商用・観光等で、滞在希望日数が90日以内の場合(乗り継ぎ含め)、米国大使館での査証(ビザ)取得は免除されますが、搭乗までにESTAオンラインシステムを利用して渡航認証を受ける必要があります。尚、事前に何らかの米国ビザを取得し渡航する方はESTA登録は不要です。

ESTAの取得費用は・・・
当初、ESTAは無料でしたが、2010年9月8日以降については1人14USドルの支払いが必要となりました。もし請求額が14ドル以上の場合には利用しているサイトはESTA申請公式サイトではなく、ESTAの代行申請を行っている会社のサービスを利用して登録したことになります。(例:50-60ドル、6,000-7,000円など)

ESTA申請公式サイトでの支払い方法はオンライン上でのクレジットカード決済のみとなり、利用できるカードの種類はMasterCard、VISA、American Express及びDiscover(JCBを含む)です。尚、カード名義人と渡航者名が異なっていても決済することは可能ですから、カードを持っていない方などはご友人や家族のカードを利用して支払うこともできます。

申請後・・・
ESTAの申請が完了しますと渡航認証許可、保留、却下のいずれかのステータスが与えられます。許可された場合の有効期限は2年間又はパスポートの有効満了日のいずれか短い方となります。万が一ESTAが拒否された場合には米国大使館にてビザを取得しなければ米国への渡航はできませんのでご注意下さい。その他、詳しい情報については、米国国土安全保障省サイト(英語)や米国大使館サイト(日本語)も参照ください。

ESTAはビザ(査証)ではありません。良く誤解される方がいますが、ESTAとは電子式の入国カードにとなります。米国政府は911のテロ以降、セキュリティを強化するためにビザを取得せずに入国する人物を事前に把握するためにこのESTAシステムを導入しました。

一方、VWP(正式名称:Visa Waver Program)とはビザ免除プログラムのことであり、90日以内の観光や商用を目的とする場合、事前にビザを取得せずに米国への渡航が認められる制度になります。対象国と対象者は以下をご参照下さい。尚、下記に含まれない方は米国大使 館へ事前のビザ申請が必要です。

VWP対象国:2013年現在は、日本や韓国など含め37カ国の国籍保持者が対象となています。

VWP利用可能者: VWP対象旅券保持者、機械読み取り式又はIC旅券保持者、渡航目的が短期商用や観光、滞在日数は90日以下、 滞在可能な十分な資金がある、犯罪歴が無い、入国拒否やビザ申請が却下されたことが無いこと。

・2016年4月1日よりビザ免除で渡航する方はeパスポート(IC旅券)の保持が必要となりました。
・2016年1月より2011年3月1日以降にリビア、ソマリア、イエメン、イラン、イラク、スーダンまたはシリアに渡航または滞在したことがある方、及びいずれかの国籍を有する二重国籍者はESTA(エスタ)の利用が出来なくなりました。
・2015年10月以降、ESTA登録のミスについては1番以外の項目の変更は一切認められなくなりました。

ESTAの登録手続きが不安な方、インターネットが苦手な方、クレジットカードを利用したく無い方などは、代行サービスをご検討ください。当サービスはメディアにも数多く取り上げられており、口コミ、ヤフー知恵袋でもご好評頂いている安心のサポートです。また、トラブルの問題解決、渡航拒否後の修正手続き、米国ビザ(B2)申請サポートなど、皆様の米国渡航を必要に応じてお手伝いしています。

当社では、手数料+登録料14ドル含め税抜 4,980円(電話、FAX申込は+2,000円)で代行しています。
※1カ月以上前の申込みなら更にお得の早割価格1名3,980円のみ!

ESTA(エスタ)の代行サービスのお申し込みは上記の"お申込みボタン"からお手続き頂けます。ESTAの代行サービスはネットからであれば4,980円と電話やFAXでのお申込み(+2,000円)よりもお得な価格でご利用頂けます。

弊社のESTA代行サービスではオンライン限定の早割もございますので、アメリカへの渡航まで1か月以上ある方にはネット申し込みをお勧めいたします。ご不明な点やご質問等には無料でご相談をお受けいたしますので、お気軽にお問い合わせください。 もちろん、インターネットが苦手な方は電話やファックスでもESTA代行サービスをご依頼頂けますのでご安心ください。

ESTAとは
申請条件
ESTAを登録する方法
申請料金・代行手数料
サイトマップ
良くある質問
渡航拒否の対処方法
代行会社比較
ESTA申請のパスポート要件
犯罪歴とESTA申請
アメリカビザ情報のページ


このマークの意味は?
米国渡航認証ESTAの情報提供、相談、申請代行などのご案内。その他、渡航認証が拒否された際の対応方法、ビザ申請が必要になった際の代行などもお手伝いしています。